SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

〜花農家の日常〜

(有)はなせきぐち
草花の生育状況や出荷準備の状況のお知らせ。
シオン・エレガンス
0
    品種登録出願中品種
    (品種登録出願番号29140号)
    出願名称「エスアンドエス01」 流通名称「シオン・エレガンス」
     
    撮影時期:4月下旬〜5月上旬
    花径:10〜14cm

    有限会社はなせきぐちと佐々木淳氏との共同作出品種。
    マルチブルーの枝代わりから選抜をかけたもので、
    既存のスイセイ2号やマリンブルーよりも内花弁が美しく整っているのが特徴。


    写真左:スイセイ2号 写真右:マリンブルー 写真中央下:シオン・エレガンス

     
    写真左:スイセイ2号 写真右:シオン・エレガンス

    内花弁が整った個体を選抜することによって、2番花・3番花も花形が崩れにくく、
    綺麗に展開する花になっている。
    力がある枝の場合、一番花が終わった後、花柄を摘むだけの弱剪定をすると、節咲きになる。

    撮影時期:7月上旬の2番花。

    撮影時期:8月下旬の3番花。

    枝代わり元のザ・プレジデントとマルチブルーと性質が同じため、分枝しにくく、株立ちになりにくいため、
    株の購入後2年ほどは強剪定気味の管理をして、株立ちにしてやることを心がけるか、
    冬の間に伸びた枝を下ろしてやると、後々多くの花を楽しむことが出来る。

    また、花弁は咲ききると外側から順に散っていくので別の花姿を楽しめるのだが、
    ベランダ等で花弁が散って汚れて困る、という場所では管理に気をつけてほしい。
    | クレマチス:早咲き大輪系八重 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    キリテカナワ
    0

      品種名:キリテカナワ

      系統:早咲き大輪系
      開花特性:新旧両枝咲き
      剪定方法:任意剪定
      花径:10〜15cm



      優しい印象がする青紫花八重咲きのクレマチス。
      花自体の重さで折れてしまうことがあるので、蕾が見えたら
      誘引してやる必要がある。
      開花開始時期は5月中旬〜5月下旬(群馬県平野部基準)
      花の下ある輪生葉と呼ばれる葉は、時折、花になりかかったような感じになるが、これは病気ではなく八重咲き品種特有の性質なので何の心配もない。
      (元々花は葉が進化して出来たものなので、その進化の過程が残っていると思っていただきたい。)

      比較的コンパクトにまとまりやすいので、7〜8号鉢程度の鉢植えに適している。
      1番花は旧枝は80cm程度、新枝は1m20cm程度伸びると蕾が付く。

      剪定後の2番花は新枝と同じように1m20cm程度伸びると再び花を付ける。
      八重咲き品種は2番花が一重に戻ってしまうものがあるが、
      キリテカナワは2番花も八重で咲く。
      2番花の咲く枝の伸び具合(8号鉢)
      2番花(8月)の様子


      挿し木から成熟までに時間がかかるため、2年苗・3年苗でも
      4〜8輪ぐらいしか咲かない場合がある。
      3年以降は15輪〜30輪ぐらい付ける株になるので
      じっくりと育ててほしい。


      当社での仕立て方:4号開花鉢・5号あんどん開花鉢

      | クレマチス:早咲き大輪系八重 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |